「結果はともあれやってみる」佐助が自分の居場所を見つけた理由|トップライバーインタビュー

LIVE812のライバーが頂点を目指す「トップライバー決定戦」。
シリーズ「トップライバーインタビュー」は、多くのファンから支持を集めるライバーさんのインタビュー企画です。

今回は、LIVE812主催のイベントやラジオでMCを多く務める人気ライバーの佐助さんに、ライブ配信との出会いや、活動中のエピソードについて話をうかがいました。

目次

人生を変えたチャップマン・スティックとの出会い

チャップマン・スティックを演奏する佐助さん(Twitterより)

佐助さんがLIVE812のライバーとして活躍するようになったきっかけは、チャップマン・スティックという楽器との出会いまでさかのぼります。

佐助のアイコン画像佐助

チャップマン・スティックを初めて聞いた時はビビりましたね。
ギターよりも弦が多くて、一人で弾いているとは思えない音色で、化け物みたいな楽器だと思いました。

僕もチャップマン・スティックを弾いてみたくなって、演奏会の終了後に奏者へ連絡先を教えてもらい、色々と教えてもらいました。

驚きの行動力。しかし、佐助さんのチャップマン・スティックへの興味は、これだけに留まりませんでした。

佐助のアイコン画像佐助

チャップマン・スティックが欲しくなったんですけど、アメリカでオーダーメイド生産されている楽器なので、日本では買えなかったんです。

1本50万円ぐらいするんですが、持っていたギターを全部下取りに出して購入しました。
買いたいってメールしてから届くまでに4〜5ヶ月かかりましたね。

40歳、会社員を辞めたらご縁でライバーに

チャップマン・スティックとの出会いにより、佐助さんの人生は大きな転換期を迎えます。

佐助のアイコン画像佐助

去年まで20年ほど会社員だったんです。
システムエンジニアとして働く傍ら、ギタリストとして地元でライブをしていた時期もありました。

正直、20年の会社務めで鬱憤が溜まっていましたね。
そんな負の感情と、チャップマン・スティックに出会った衝撃のバランスが崩れて、思いきって会社を辞めました。

編集部のアイコン画像編集部

それで演奏家を目指されたんですか?

佐助のアイコン画像佐助

そうですね。
でもその時は、先がどうなるかなんて分からなかったです。
「とりあえず辞めてみた」みたいな(笑)

20年務めていた会社を辞めた佐助さん。その後、さらなる出会いが訪れます。

佐助のアイコン画像佐助

もっと好きなことをやりたいと思っていたら、当時同じスポーツジムに通っていた会員から、LIVE812のライバーにならないか誘われたんです。

その時の僕は、身軽で前向きな気持ちになっていたので、来たものに関しては全部手を挙げようと思っていました。

ただのご縁ですよね。
会社を辞めたタイミングと、たまたま誘われたタイミングが重なって。

編集部のアイコン画像編集部

思い切りましたね。

佐助のアイコン画像佐助

何をするにしても、思いきらないといけないのかなって。
やると決めた時は、ダメでも良くても結果を出してみたいんですよ。

まず結果を出さないと、悔しさも喜びもないし。
やってダメだったら、その時考えたらいいじゃんって思います。

こういう考えって自己啓発本によく書かれてますけど、読むだけじゃなくてやろうよってモードに入っていましたね。

ライバーになって「いい意味で悩みっぱなしになった」

会社員を辞めてライバーとして走り出した佐助さん。ライバーになってからは思い切るのが楽しくなったそうです。

編集部のアイコン画像編集部

会社員からライバーになって、生活に変化はありましたか?

佐助のアイコン画像佐助

これ言っちゃうと悪い解釈をされるか心配なんですが、時間と曜日の感覚はなくなりましたね。
もちろんいい意味です(笑)

「どうしたらライブ配信が盛り上がるだろう」「どうしたら楽器がうまくなるだろう」って全部本気になってくるんです。

ずっとライブ配信に夢中になっているから、いい意味で悩みっぱなしになりました。

編集部のアイコン画像編集部

そのぐらい夢中になるものができたってことですか?

佐助のアイコン画像佐助

そうですね、会社員時代よりも悩みの数は増えたと思います。
悩みは増えたけど、ネガティブな悩みはなくなったんです。

もちろん大変なこともありますけど。
ポジティブな悩みだから、頭を抱えたりすることはないですね。

編集部のアイコン画像編集部

今「会社員に戻ってもいい」って言われたら戻りますか?

佐助のアイコン画像佐助

戻りません(即答)

ライブ配信は、その人の生き方に合わせてできますからね。
僕もタイミングがズレていたら、会社員をしながら毎日1時間だけ配信をするライバーだったかもしれません。

ここまでライバー1色になったら、会社員に戻れないし、戻りたくもないですね。

失態を晒したデビュー配信、救ったのはリスナーの温かさだった

ライバーとしての初配信、当時のエピソードについて話をうかがいました。

佐助のアイコン画像佐助

デビュー配信は失態を晒してしまいましたね。

機材を繋いで配信したんですけど、楽器の音が出なかったんです。
なのに、続々と人が来て頭が真っ白になりました。

チャップマン・スティックの音色を聞いてほしかったのに、ただ長い棒を持っているお兄さんになっていましたね。

結局20分ぐらい音が出なくて、「頑張れ」「また今度聞きに来るね」ってコメントをたくさんもらいました。

編集部のアイコン画像編集部

配信後の感想はいかがでしたか?

佐助のアイコン画像佐助

初めてライブ配信をした時の感想は、路上ライブみたいだなって思いました。
配信中は多くの人が通り過ぎて、中には立ち止まって見てくださる方もいて。

配信を続けていくうちに、リスナーの温かさを実感するようになったと語る佐助さん。

佐助のアイコン画像佐助

ライブ配信を続けて気づいたんですが、トラブルってつきものなんですよ。
トラブルが起きるとテンパっちゃう人が多いと思うんですけど、おのずとプチトラブルには強くなりましたね。

それに、LIVE812のリスナーさんが温かいので救われています。

嬉しい瞬間はライブ配信中に毎日起きている

編集部のアイコン画像編集部

ライブ配信をしていて、最も嬉しかった瞬間はいつですか?

佐助のアイコン画像佐助

とりわけ大きなエピソードではないんですが、僕のライブ配信を見てくれた人から「楽しかった」「生活の一部になった」って言葉やお気持ちをいただいた時に、やっててよかったなって思います。

ライブ配信をしていて「毎日のように嬉しい瞬間がある」と語る佐助さん。

佐助のアイコン画像佐助

自分が会社員だった時は、音楽や笑いに救われたことが何度もありました。
だから「自分の演奏で癒やされたら、くだらないことで笑ってくれたらいいな」ってコンセプトで配信をしています。

自分のコンセプトがリスナーに伝わって、リスナーからリアクションが返ってくることが毎日嬉しいですね。

編集部のアイコン画像編集部

逆にライブ配信をしていて苦労したことはありますか?

佐助のアイコン画像佐助

「ライブ」と「ライブ配信」の違いを理解するのに時間がかかりましたね。

ライブは限られた時間とシナリオの中で曲やMCをやるんですが、ライブ配信は必ずしもそうではなくて。

僕は「ライブ」しか知らなかったんですよ。
最初の方は、自分がやっていることとリスナーの反応に違和感がありました。

「ライブ」と「ライブ配信」の違いについて、詳しく教えてくださいました。

佐助のアイコン画像佐助

60分中の40〜50分って、普通のライブだったらクライマックスじゃないですか。
でもライブ配信だと、そのタイミングで入ってきた人にとってはまだ1曲目なんですよ。

だから、新しく来てくれたリスナーをいかに巻き込むか試行錯誤していました。
今でも完璧ではないんですけど、違いがわかってくるとライブ配信が面白くなってくると思います。

LIVE812で自分の居場所を見つけられた

ラジオ番組『#浜松応援隊』で活躍中の佐助さん

LIVE812主催のイベントや、ラジオのMCに抜擢されることが多い佐助さん。
ご自身の近況について話をうかがいました。

佐助のアイコン画像佐助

9月から僕がMCのラジオ番組『LIVE812 presents #浜松応援隊(FMHaro!)』の生放送が始まりました。
あとはライバー主催の大喜利イベント、お笑いイベント……なんか812の中でイベントの司会をすることが多くなりましたよね。

編集部のアイコン画像編集部

MCのポジションについてはどうお考えですか?

佐助のアイコン画像佐助

周りから求められてるし、自分も楽しんでやっているので、喜んでやりますって感じですね。

ライバーをはじめた当初は、演奏家の方面で活動していくつもりでした。

7月に開催された24時間配信リレーで、大喜利コーナーの司会を任された時に、「しゃべりも面白いじゃん」っていう目で見てくれる人が増えた気がします。

自分ではそんなつもりなかったんですが、楽しくやろうとしたら結果的に面白くなったんでしょうかね。

司会として紹介される佐助さん

24時間配信リレーの反響から、8月12日に開催された「812の日」では総合司会を任されることに。

佐助のアイコン画像佐助

「812の日」はトラブルの連続で、見ている人のテンションが下がらないように場繋ぎをする地獄の1日でしたね(笑)

でもあの日を乗り越えてから、「この人司会系だよね」って話が出るようになりました。
そこからご縁があり、ラジオ(前述)の話もいただきました。

MCが夢ではなかったんですけど、いろんな人と交流するうちに、新しい自分の居場所を見つけられたんだと思います。

ライブ配信を通して、今まで気づかなかった魅力を引き出してくれたと語る佐助さん。

佐助のアイコン画像佐助

僕とは逆パターンの人もいると思うんですよ。
最初はしゃべりだけで活動していたライバーがちょっと歌ってみたら「コイツ上手いじゃん」ってなって、歌のイベントに出る方もいるんじゃないでしょうか。

初期から観てくれているリスナーさんは、全ての活動を応援してくださっているので、自分の中ではこだわりがなくなりました。
これからも、やれることはなんでもやろうと思っています。

ライブ配信を続けると夢も変化した

佐助さん自身の夢について、お話をうかがいました。

佐助のアイコン画像佐助

最初は演奏家として飛び込んだ世界ですけど、気づいたらやらせていただくことが増えて、夢自体も変化しています(笑)

もちろん演奏はうまくなりたいし、ラジオをやらせてもらえるなら地元で1番の番組にしたいし、LIVE812も大きくしていきたい。
今は、夢の軌道修正をしながらやっているのが本音ですね。

ただ、与えられた場所・やっていることは全部うまくいけばいいなって思います。

今後の夢については欲張っていきたいと語る佐助さん。
最後に、これからトップライバーを目指す方々、そしてファンの方へメッセージをいただきました。

編集部のアイコン画像編集部

トップライバーになるために重要なことって何でしょうか?

佐助のアイコン画像佐助

ライブ配信は、自分の熱量が画面越しに伝えられるかが大事だと思います。

絶対に言えるのは、自分の力だけではトップライバーになれないということ。
リスナーさんの応援してくれるお気持ちがあってこそです。

言葉なのかパフォーマンスなのか、それともビジュアルなのか。
どうやったら1番自分の熱量を伝えられるかはその人次第なので、悩み続ける必要がありますね。

編集部のアイコン画像編集部

最後に、佐助さんのリスナーの方へメッセージをお願いします!

佐助のアイコン画像佐助

楽器の演奏とトークを中心に、LIVE812の中でいろいろなことにチャレンジさせていただいています!

これからも、応援よろしくお願いします!

ライバープロフィール

ライバー名佐助🐥
ID@sasuke-liver
配信時間火曜〜土曜
12:00&21:00
(日・月に不定期配信あり)
Twitter@ShiShiKoR
出演毎週木曜19:00〜『LIVE812 presents #浜松応援隊(FM Haro!)』など
目次
閉じる