人気クリエイター、ちーのブランド「ミチョミチョ」に見るモノづくりと見せ方へのこだわり

個性豊かなLIVE812のライバー、中には「こんなライバーもいるの?」と驚かれる異色の経歴を持つ人も。
シリーズ『七色に光るライバーたち』では、彼ら・彼女らがなぜLIVE812のライバーになったのか、ライブ配信を通して何を伝えたいのか、ライバー1人1人の想いに迫ります。

今回は、LIVE812で自身のブランド「micho-micho(以下:ミチョミチョ)」のグッズをはじめとするハンドメイド作品を販売するちーさんに、作品づくりへのこだわりや、今後の夢についてお話をうかがいました。

目次

ライブ配信はアイドルみたいな人がいるイメージだった

ちーさんがライブ配信をはじめたきっかけについてお聞きしました。
最初は、自身がライブ配信に向いていないと思っていたそうです。

ちーのアイコン画像ちー

ライバーになったきっかけは、仲良くしている人から誘われたからです。

ただ誘われた時は、ライブ配信を観たこともやったこともありませんでした。
ライブ配信はアイドルみたいなキラキラしている人がしているイメージで、自分にはできないと思っていました。

編集部のアイコン画像編集部

では、なぜLIVE812でライバーとして活動しようと思われたんでしょうか?

ちーのアイコン画像ちー

LIVE812はライブコマースで自分の作品を販売できると思ったからですね。
自分のブランドグッズを販売していたから面白そうだと思いました。

ライブ配信はできるかなって不安はありましたが、誘ってくれた人が「ライバーになってほしい人で、1番最初に思いついたのがちーだったから」と背中を押してもらって、チャレンジ精神が湧きました。

ライバーの転機となったハンドメイドマルシェ

LIVE812のライバーとしてデビューされたちーさん。
最初は悩むことが多かったそうです。

ちーのアイコン画像ちー

LIVE812のグランドオープン初期は悩んでいることが多かったです。

トップライバーの方に比べるとトークも音楽も中途半端なので、何もできることがないって落ち込んでいましたね。

自分の商品もライブコマースで出品していましたが、どういう配信をしたらいいのかわからず、迷走していました。

LIVE812の開始当初は、自身の中でどんな配信をしたらいいのか定まらず、落ち込むことが多かったと語るちーさん。
そんな中、2020年7月に行われた「ハンドメイドマルシェ」が彼女の転機となります。

ちーのアイコン画像ちー

7月に開催されたハンドメイドマルシェの「eコマーストップライバー決定戦」で3位になることができて、自信が持てるようになりました。

ハンドメイドマルシェは、リスナーの方から「ビッグになろうぜ」と応援してもらいながら、3位以内を目指していました。
自分の作品を愛してくれるリスナーさんがいることを実感できて、嬉しかったです。

目標だった3位を取れた時に、これからはミチョミチョの作品づくりを頑張ろうと改めて思いました。

編集部のアイコン画像編集部

今でこそ、ちーさんはハンドメイドのイメージが強いです。

ちーのアイコン画像ちー

ハンドメイドマルシェで結果を出せたのを機に、ハンドメイドのジャンルで居場所を見つけることができましたね。

自分がいいと思ったモノしか出さないこだわり

ここからは、ちーさんの考えている作品づくりへのこだわりについて迫ります。

ちーのアイコン画像ちー

自分がいいと思ったモノしか販売しないところは譲れないです。

出すなら自信満々で販売したくて、デザインや素材1つにしても自分が納得できるように追求します。
だから、作品づくりには結構時間をかけていますね。

ちーさん着用:micho-micho 両面プリント裏起毛パーカー
編集部のアイコン画像編集部

今着ていらっしゃるパーカーのデザインは、どのぐらい時間がかかってますか?

ちーのアイコン画像ちー

時間は計算したことないのではっきりと言えないんですが、かなり時間はかかっていると思います。

パーカーに使うイラストのデザインは、何度も書き直しながら自分が納得できるものへ仕上げていきます。

また、パーカーを発注する工場に選び1つにしても時間をかけています。

発注する工場によって、微妙にシルエットや色が違うんです。
だから、どの工場にお願いしたらどのようなデザインになるのかを考えながら慎重に発注しています。

商品詳細がわかる見せ方へのこだわり

また、ライブ配信で作品を販売するからこそ、見せ方にはこだわりがあるそうです。

ちーのアイコン画像ちー

ライブ配信は実際のイベントと違って、作品を手にとってもらえません。

だから、洋服のサイズ感を正確に伝える工夫をしています。

私の洋服を買ったことのある人だったら、買ってくれた服のサイズと比較しながら伝えています。
あとは、自分が着てみてサイズ感を見せる工夫もしていますね。

また、ハンドメイド作品のように1点1点が少しずつ異なる商品は、よりじっくりと選んでもらえる工夫を行っているそうです。

手作りのミチョねこフィギュア
ちーのアイコン画像ちー

ミチョミチョの置き物は、1匹1匹の表情が違う作品でした。
だから、表情で商品を選んでもらえるように出品していましたね。

せっかくならお気に入りの子を持って帰ってほしかったので、1匹ずつじっくり見ていただいてお取引していました。

自分の作品でリスナーの心を動かせることが嬉しい

編集部のアイコン画像編集部

作品づくりのどういった部分に魅力を感じていらっしゃいますか?

ちーのアイコン画像ちー

自分の作品が評価されること、リスナーの心を動かせることに生きがいを感じます。

オリジナルブランドをどうやって広めていこうか、自分で考えることも楽しいです。

また、LIVE812のハンドメイドマルシェに参加して、作品づくりへの意欲が湧いたと語るちーさん。

ちーのアイコン画像ちー

LIVE812のハンドメイドマルシェには多くの作家さんが参加していらっしゃいます。
皆さんの作品を観ることで、良い影響を受けていますね。

自分もハンドメイドライバーだと胸を張って言えるように、どんどん新しいことに挑戦したいです。

いろんなジャンルの配信に挑戦したい

最後に今後配信したいことや、夢についてお話をうかがいました。

ちーのアイコン画像ちー

今後は、LIVE812での知名度をもっと上げたいので、ハンドメイドに限らずいろんなジャンルに挑戦していきたいです。

音楽もやってみたいし、最近812で流行っているコスプレ、あとリレー配信も1回しか参加したことがないので、挑戦してみたいですね。

編集部のアイコン画像編集部

今後の夢についてもお聞きしたいです!

ちーさんから描き下ろしのイラストをいただきました!嬉しい!!!(編集長)
ちーのアイコン画像ちー

今後の夢は地元でカフェを開くことです。

コーヒーが大好きで、ずっとカフェを出したいと思っていました。
どんなカフェを出したいか考えた時に、オリジナルグッズを販売している小さなカフェが理想でした。

ミチョミチョも、カフェを開くために生まれたオリジナルブランドなんです。
ブランドを広めて「ミチョミチョカフェ」をオープンさせるのを夢見ています。

ライバープロフィール

クリエイター、イラストレーター。
LIVE812や地域のイベントで、オリジナルブランド「micho-micho(ミチョミチョ)」のキャラクターグッズやイラストを販売している。

ライバー名ちー☕🐈ミチョミチョ
IDchiakisakai
配信時間毎日22:00〜
その他タイムラインで告知
Twitter@chiaki_sakai_10
Instagram@micho_micho.jp

ちーさんからお知らせ

2020年12月のハンドメイドマルシェvol.5に参加予定!
11月28日・29日に愛知県の金山駅前で行われる「金山にぎわいマルシェ」に両日出店。

目次
閉じる