「心に雨が降る人へ」シンガーソングライターamenocoがライブ配信で届ける“光”

個性豊かなLIVE812のライバー、中には「こんなライバーもいるの?」と驚かれる異色の経歴を持つ人も。
シリーズ『七色に光るライバーたち』では、彼ら・彼女らがなぜLIVE812のライバーになったのか、ライブ配信を通して何を伝えたいのか、ライバー1人1人の想いに迫ります。

今回は、ギターの弾き語りやアカペラを配信しているシンガーソングライターのamenocoさんにお話をうかがいました。

目次

親友の結婚式がきっかけでギターや曲作りを独学

LIVE812ではシンガーソングライターとして、オリジナル曲をリスナーに届けているamenocoさん。
音楽と出会ったきっかけについてお話くださいました。

amenocoのアイコン画像amenoco

親友の結婚式で曲を披露したいと思ったのが、ギターや曲作りを始めたきっかけです。

親友は、ずっと私の歌を好きだと言ってくれていて、彼女が結婚する時に絶対何かしてあげたいって思っていたんです。
最初はギターを始めたんですが、だんだん自分で曲を作ってみたいなって考えるようになりました。

そこから、独学で自分で曲を作り始めて、結婚式で親友に披露したのがシンガーソングライターとしての第一歩でした。

独学でもギターや曲作りのノウハウが身についた理由は、どうしても友人に曲をプレゼントしたい気持ちが強かったからと語るamenocoさん。

編集部のアイコン画像編集部

結婚式ではどんな曲を作られたんですか?

amenocoのアイコン画像amenoco

親友は高校時代の同級生だったので、その時の思い出を歌詞にしました。
おかげさまで、親友は泣いて喜んでくれましたね(笑)

自分を明るい方向へ変えてくれる作詞の力

amenocoさんは、Twitterの友人からの紹介でLIVE812のライバーになったそうです。
ライバーになった詳しい理由についてお話をうかがいました。

amenocoのアイコン画像amenoco

LIVE812のライバーを始める前は、Twitterで活動していました。
その時は、「癒やされた」「元気が出た」って声をいただくのが嬉しかったです。

私自身、元々は明るくなくて、すごく闇を抱えていた人間でした。
私のような思いを抱えている人に、もっと違う形で音楽を伝えていきたいと思ったのがライバーになろうと思ったきっかけです。

ライバーとしての活動を決意されたきっかけはフォロワーの一言だったそうです。

amenocoのアイコン画像amenoco

最初は、ライバーになる勇気がありませんでした。

Twitterのフォロワーさんから「やったらええやん」って言ってくれて、背中を押してもらいましたね。

編集部のアイコン画像編集部

今のamenocoさんがものすごくキラキラされているので、暗かった時期が想像できません。

amenocoのアイコン画像amenoco

暗かったですよ(笑)
当時は日記を書いていたんですけど、日記をつけると悲しいワードしか出てこなくて、新しい日記帳を買って捨てて……を繰り返していました。

でも作詞と出会って「自分の詞を誰かに見てもらいたい」って気持ちに変換されました。
悲しいワードもありますが、最終的には明るい方向になる言葉を書けるようになりましたね。

作詞をすることで、自分自身を肯定できるようになりました。

多くの人に誕生日を祝ってもらえる嬉しさ

LIVE812で活動する中で、嬉しかったエピソードを教えていただきました。

amenocoのアイコン画像amenoco

毎回配信を観に来てくださるリスナーさんがいらっしゃると嬉しくなります。
あとは、自分の名前や曲を覚えてくれるのも嬉しいですね。

「今日はものすごい辛かった日なんですが癒やされました」「明日も頑張ろうと思います」ってコメントをいただけたことも。
嬉しさを感じる瞬間はたくさんありますね。

amenocoさんが特に嬉しさを感じたのは、誕生日前日の配信だったそうです。

amenocoのアイコン画像amenoco

嬉しさが大きかったのは、バースデーカウントダウンのライブ配信を企画した時に、たくさんの方が来てくだったことです。

誕生日を今までと違う形で祝ってもらえたのは人生で初めてだったので、すごい嬉しかったですね。

ライブ配信を始めてから様々な自分磨きに挑戦

編集部のアイコン画像編集部

ライブ配信を始められて私生活に変化はありましたか?

amenocoのアイコン画像amenoco

ライブ配信をするようになってからは「常に見られている」って意識が高まりました。

歌はもちろんなんですが「より音楽を知っていきたい」と思って、音楽を1から勉強し始めました。
他にも、インナーマッスルを鍛えて聲(こえ)がかすれないようにするためのトレーニング、話し方の改善、外見にも気を配るようになりました。

編集部のアイコン画像編集部

ライブ配信の外でも、すごく努力をされているんですね。

amenocoのアイコン画像amenoco

ここまで頑張れているのは、本当に聴いてくださっている皆さんのおかげです。

リスナーにホッとする時間をプレゼントしたい

amenocoさんが今後の配信で届けたい想いや、ご自身の夢についてお話をうかがいました。

amenocoのアイコン画像amenoco

LIVE812では、とあるライバーさんをイメージした曲を書いていたんですが、今後は自分自身のリアルな想いを全面に出せるような曲を作っていきたいです。

自分の基準ではありますが、自分がいろんな辛い経験をしてきたからこそ、同じような状況の方にホッとする時間をプレゼントしていけたらと思っています。

また今後は、様々な方法で幅広く自分の音楽を伝えていこうと考えています。
活動の中で曲が生まれていったら、私の成長記録としてCDを作ってLIVE812のライブコマースでご提供させていただければと思います。

自分の想いを伝えられる曲をリスナーへ届けたいamenocoさん、自身の夢については過去の苦い経験を乗り越えたい気持ちを語ってくださいました。

amenocoのアイコン画像amenoco

音楽というよりは自分の未来の話になるんですが……。

実は、いろんな経験をしたくて今までに仕事をたくさん変えているんです。
海外だとキャリアアップとして肯定される面もありますが、日本の文化だと、仕事が変わると「続かない人」って思われることが多いと思います。

編集部のアイコン画像編集部

確かに、転職の回数が多いと良いイメージを持たれないことはあるかもしれませんね。

amenocoのアイコン画像amenoco

だから、自分の軸を持って仕事を続けられる要素ってなんだろうとふと考えたんです。
自分が最終的に何がしたいのか考えた時に、音楽しか思いつきませんでした。

大好きなことに関して努力を積み重ねることで、自分がどこで何をしていても自分の力で仕事を作り上げていくのが夢ですね。
私の場合は女性なので、結婚や出産で仕事を辞めなければいけないこともあるから、なおさらそう思いました。

編集部のアイコン画像編集部

多くの仕事を経験したからこそ、amenocoさんの軸は音楽であることがわかったんですね。

amenocoのアイコン画像amenoco

私は履歴書に書けるような誇れる資格を持っていないし、とくにコレといった特技もありません。
でも、自分の特技は履歴書に書けなくてもあるよっていうのを、頑張っている人達に音楽という形で、元気を与えられるような人になりたいですね。

人々に歌を届けることに関して、努力を惜しまないamenocoさん。
amenocoさんの成長を、今後もライブ配信で見届けていけたら嬉しいです。

ライバープロフィール

amenoco

オリジナル曲のギター弾き語り、アカペラなどを配信するシンガーソングライター。
「心の雨が降っている人達に一筋の光をプレゼントする」をコンセプトに、心に響く歌を届けている。

ライバー名amenoco☂
ID@amenoco5252
配信時間不定期
(LIVE812のタイムラインで告知)
Twitter@amenoco5252
Instagram@amenoco2525
目次
閉じる