TACKER、世界に挑むソウルシンガーが語るステージへの渇望|編集部注目ライバー2021

LIVE812を愛する編集部が厳選!注目のライバーを紹介するインタビュー企画「編集部注目ライバー2021」

今回インタビューさせていただいたのは、LIVE812やTikTokで話題のシンガー、TACKERさん!

ライブ配信を始めて印象的だったエピソードや、今後の夢についてお話をうかがいました。

目次

アメリカでの音楽活動を経て日本へ

最初に、マガジンの読者様へ自己紹介をしていただきました!

TACKERのアイコン画像TACKER

ソウルシンガーのTACKERです!
アメリカのニューヨークやロサンゼルスを中心に音楽活動をしていました。

今はコロナの影響でアメリカへ行けないので、日本で音楽制作とライブ配信を中心に活動しています。

TACKERさんのTikTok

現在は日本で活動をされている24歳のTACKERさん、LIVE812のライバーになったきっかけについてお話をうかがいました。

TACKERのアイコン画像TACKER

LIVE812でライバーになったのは、知り合いの洋服屋オーナーさんからお話をいただいたのがきっかけです。

LIVE812を始める前まではライブ配信をやったことがなかったんですけど、誰もがリアルタイムで配信を観れるところに魅力を感じました。

僕が今までにアメリカで見てきた景色を、配信で感じていただけるような環境があればいいなと思って。

早くステージで歌いたい

普段のライブ配信では、音楽パフォーマンスを披露されているTACKERさん。
配信を始めて感じたことを率直に語っていただきました。

TACKERのアイコン画像TACKER

……配信を始めた今の心境を正直に話していいですか?(笑)

僕が音楽を始めたのは「人前に立って歌いたい」って想いがあったからなんです。
みんなのリアクションや歓声を聞いて、音楽の楽しさや面白さを感じていました。

だから、目の前に誰もいない中でライブ配信をしていると、早くステージに立って歌いたいなって気持ちが少しずつ強くなってきましたね。

ライブ配信で毎日活動するにつれて、有観客ライブへの熱望が強くなったTACKERさん。

TACKERのアイコン画像TACKER

ただこのご時世だと、ステージで歌いたいと願っても実現するのは難しいことです。

だから今は、ライブ配信で僕の音楽活動を少しでも多くの方に観ていただきたいですね。

コロナが終わった後、リスナーの皆さんがステージのライブを観に来てくれたら嬉しいです。

TACKERは愛の伝道師!?

ライブ配信やSNSを中心に音楽活動をされているTACKERさん。
普段の音楽活動についてもお話をうかがいました。

TACKERのアイコン画像TACKER

お風呂で鼻歌を歌っている時に思いついたメロディーをボイスメモに残したりして曲を作っています。

歌詞は自分のリアルを書いているつもりです。
純愛がテーマの歌詞が多くて、僕が書いた曲の中で4曲目までは、タイトルに「LOVE」がついています。

友達からは「愛の伝道師」と呼ばれるようになりました(笑)

編集部のアイコン画像編集部

愛の伝道師(笑)
ご自身のライブ配信でもオリジナル曲は披露されるんですか?

TACKERのアイコン画像TACKER

もちろんです!
ライブ配信で歌う時は、アドリブをたくさん入れています。

僕のオリジナル曲を、CDや音楽サービスで聴いてくれている人は、音源との違いを楽しんでいただけるんじゃないかなと思います。

オリジナル楽曲『Love in the sky』

遊びで生まれたあのフレーズ

TACKERさんのオリジナル楽曲『Knock Me Out』にある「Shake it Shake your body(通称:シェケシェケ)」のフレーズは、LIVE812で反響を呼びました。

TACKERのアイコン画像TACKER

実はシェケシェケの部分だけ、レコーディングの日まで出来上がらなかったんです。
「なんかおもろいワードないかな?」って考えていたんですけど、なかなか出てこなくて。

レコーディングの途中に遊び半分で「Shake it Shake your body〜」って歌っていたら、めちゃくちゃ面白いと感じてそのまま採用になりました(笑)

『Knock Me Out』のシェケシェケ(1:07〜)
TACKERのアイコン画像TACKER

『Knock Me Out』はTikTokに投稿しているんですけど、他のユーザーさんにも使っていただけていて、僕のオリジナル楽曲を使った投稿が400以上に増えました。

良い反響をいただいているなって感じています。

夢はアメリカのグラミー賞を受賞すること!

これからますますの活躍が期待されているTACKERさんの夢とは?

TACKERのアイコン画像TACKER

最終的な目標は、アメリカでグラミー賞を受賞することです。
そのためにまずは、日本で結果を出したいですね。

編集部のアイコン画像編集部

リスナーさんに今後見せたいものや、パフォーマンスはありますか?

TACKERのアイコン画像TACKER

路上ライブで起こったハプニングも、お見せしていきたいです。

ニューヨークの駅で路上ライブをしていると、色々なハプニングが起きるんですよ。それがすごく面白かったなと思って。

面白いハプニングやリアクションを通して、音楽の楽しさを感じていただけるようなパフォーマンスを披露していけたらいいですね。

ライバープロフィール

TACKER

ソウルシンガー。高校時代は軽音楽部の全国コンテストで優秀賞を獲得。
ニューヨークのアポロシアター出場など、海外にも活動の場を広げている。

ライバー名TACKER🍁🍴🎃
IDtakuro.kingo
配信時間毎日22:00頃
※タイムラインで告知
TikTok@tacker_music
Twitter@tkoptn930
Youtubehttps://www.youtube.com/c/TAKUROofficialchannel
目次
閉じる